女性のキャッシングの注意点

 

女性がお金を借りたい場合、女性専用キャッシングを使ったほうが、何かと利用しやすいメリットがあります。女性専用キャッシングは女性スタッフが問い合わせなどに応対してくれますので、相談事なども比較的話しやすい環境です。ただし便利な女性専用キャッシングも、いくつか注意していただきたい点もあります。特に最近、キャッシングがしにくくなったと言われているのが、専業主婦やアルバイトで働く女性です。2010年の金融規制法の改正により、年収の3分の1以上の金額をキャッシングとして融資できなくなったのは記憶に新しいところです。アルバイトや主婦など、毎月の収入が全くなかったり保障されていない人に対しては、今まで借り入れができていたキャッシング会社からも融資不能になることがあります。金融規制法の改正により、主婦がキャッシングをする場合、原則、夫の源泉徴収票や、キャッシングをするための承諾書が必要になりました。金融規制法が変わったことで、今までは家族に黙ってできたキャッシングも、相手の同意がなければできないなどの細かな制約が加わることになっているわけです。仕事をしていなかったり、給料が少ないなどの理由で年収が少ない人ほど、キャッシングの利用限度額は低めに設定されてしまっています。実際に借入限度額がどのくらいなのか、返済はどういったスタイルになっているかはキャッシング会社によって差がありますので、借り入れ前に確認してみてください。最終的に借り入れを行わずとも問い合わせるのは自由ですし、申込みに際して借り方の相談もできますので、窓口で希望を述べて相談をしてみてください。女性専用のキャッシングサービスを行っている会社なら、女性スタッフが対応する女性専用の窓口が用意されているのでおすすめです。

 

 

脱毛ラボの料金プランの詳細はコチラ